読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

某巨大掲示板より アスペルガーへ贈る言葉

巷に溢れているアスペルガー対策の本には、
経営側、職場側からアスペルガー症候群に歩み寄る内容が非常に多い。
それは方向性としては正しい。
私も上司や先輩という理解者を得たからこそ、ここまでやってこれた。

しかし、こうした姿勢は、経営側に対し、アスペルガーの人間をなるべく職場に入れず、
排除しようとするインセンティブを与えてしまう。
過剰なる保護の訴えは、常にそれを排除する結果となるのである。
なぜならば、採用コスト、教育コストが高くつくからだ。
これを我々アスペルガーは忘れるべきではない。

我等アスペルガーは、常に人を苛立たせる存在であることを忘れるべきではない。
我々が存在することで、周りは常に我々の無神経な言動に対する我慢というコストを支払い続けている。
我々は呼吸する度に、無神経という毒をばらまく呪われた存在だ。

故に、我々は常に己が属す組織に対して貢献をしているか。
貢献できることは何かないか?と自らに問うべきなのだ。

では我々が貢献できることは何か?
その力の根源となるものこそ、己の好奇心とそれに付随する知識である。

仕事への知識の適応。
これは奴に聞け。
そのポジションをいかに獲得するかで生き難さは大分軽減される。

しかし、ただ一つ、心しておかなくてはならないのは、我々がどんなに貢献をしているつもりでも、
我々の評価は常にマイナスのバイアスがかかっているということだ。
決して健常者と同様に評価されることはないし、
それを期待しない方が絶望せずに済む。
故に貢献を鼻に掛けるなど自殺行為以外の何物でもない。

しかし、我々は貢献をし続けなくてはならない。
往々にして我々は、己の得意分野以外何一つ満足にこなせないことが多い。

我々は、呼吸にすら対価を必要とする存在なのである。

己がばらまく毒素と己が積み上げた貢献でようやくイーブンなのだ。
しかし、往々にしてその貢献は自己満足に終わる醜悪なものであることが多い。
理由は簡単だ。
何をもって貢献とするか常に理解している人間はもはやアスペルガーではないからである。

故に我々は無神経という毒素の他に、
自己満足というヘドロもだしていないかと常に自問しなければならない。

Meetingでのその発言は果たして必要だったか?
自分の知識をひけらかしたかっただけではないのか?
求められていない知識はただのトリビアでしかない。

我々は何をもって貢献とするか常に自問自答しながら、
低評価という鉱山を毒の息を吐きながら掘っていくしかないのだ
その先に宝を見つけるまで、掘り進むのをやめるわけにはいかないのだ。

宝(成果・数字・貢献)こそ、私たちを守る唯一の鎧なのだから

 

これはアスペルガーに限らず、ほぼ全ての労働者に当てはまるような気がする。自閉症スペクトラムスペクトラム。100%の定型発達者ーそのような人間が存在するかどうか怪しいがー以外には当てはまるように思われる。

『日本はなぜ敗れるのかー敗因21か条』を読んで その4

日本は余り人命を粗末にするので、終いには上の命令を聞いたら命はないと兵隊が気付いてしまった。生物本能を無視したやり方は永続したものではない。特攻隊員の中には早く乗機が空襲で破壊されれば良いと、密かに願う者も多かった。

 文科省は余り教員の命を粗末にするので、終いには上の命令を聞いたら命はないと教員が気付いてしまった。生物本能を無視したやり方は永続したものではない。ブラック部活顧問の中には早くチームが負ければ良いと、密かに願う者も多かった。

 そういう顧問を「情けない教員だ」と罵倒できるであろうか。この顧問を罵倒することが人道的であろうか。本当に人道的であるというのは、一人の人間、教員に、そのような非人道的なことを考えさせてしまう環境を作らないということであろう。内省力ある人間であれば、その教員の立場に立って同情こそすれ、罵倒などはできないはずである。

 ここで罵倒する人は、

日本の敗因13

一人よがりで同情心がないこと

 に該当すると思われる。

 

 日本は余り人命を粗末にする。教員の命もだが、教員から生まれ落ちる命も粗末にしている。教員から生まれ落ちた命、つまり、赤子・幼児は誰かが面倒を見なければ死んでしまう。さて、教員の親が平日遅くまで働き、土日も帰らない、そして、精神を病んでしまう。教員は子どもを正常に育てることが難しくなる。学校のブラック労働は、未来の命をも害しているのである。USB持ち出し盗難・紛失事件が新聞に載って騒ぎになるが、子どもの面倒を見なければならない親が、USBを持ち出すのは当然だ。教員も子どもを育てる生物である。文科省は人命を粗末にする。人命よりもUSBメモリが大事らしい。マスコミも片棒を担いでいる。日本の敗因である。

 

 文科省教育委員会は、教員にUSBメモリの持ち出しを禁ずる前に、教員の超過勤務を無くすべし。

『日本はなぜ敗れるのかー敗因21か条』を読んで その3

しかも動員につぐ動員で「兵隊にとられない」といえば「あの人、健康そうだけど、どこか体が悪いのじゃないかしら」と変な目で見られかねないのが実情である。

 進学につぐ進学で「高校に進学できない」といえば「あの人、健康そうだけど、どこか悪いのじゃないかしら」と変な目で見られかねないのが実情である。こういう状態では学業に嫌気が差す。

もちろん軍は、このモラールの低下を知っている。そして知っているがゆえにあらゆる方法で人為的に「戦意高揚」を図ろうとする。「人工的高揚」の産物である様々な「企画」は、やれ「祝典」、やれ「旗行列・提灯行列」、やれ「国民儀礼」、やれ「壮行会」等の連続で驚いたことに、戦地ですらこの「景気づけ」をやっており、…

 これは、

 もちろん学校は学業モラールの低下を知っている。そして知っているがゆえにあらゆる方法で人為的に「学業意識高揚」を図ろうとする。「人工的高揚」の産物である産物である様々な「企画」は、やれ「運動会」、やれ「組体操」、やれ「文化祭」、やれ「壮行会」、やれ「二分の一成人式」等の連続で驚いたことに、小学校ですらこの「景気づけ」をやっており、…

 と書き換えることも可能であろう。

 低下した学業意欲・学校継続意欲を、行事と部活で高揚させる。効果が切れれば更なる意欲の低下が起こる。再び、行事と部活で意欲を向上させる。しかし、効果はいずれ切れ、意欲の更なる低下が起こる。まるで麻薬依存症である。教員は行事と部活に労力をすっかり吸い取られ、授業は空洞化する。

 この悪循環は結局、最終的にすべての人間を、虚脱状態にしてしまう。全日本的虚脱状態は、何も、短期間で生じたのではない、実は八年がかりで到達した状態なのである。 そして「心理的高揚」「心理的解決」に同調しない者を「敗戦主義者」として糾弾する。

 太平洋戦争の状況と、現代日本の教育がダブるのは気のせいか…。

 心理的解決といえば、多忙感の解消という言葉もそれだ。多忙を解消するのではなく多忙感を解消しようとする文部科学省。「心理的解決」は目指そうとするが、根本的な現実を解決しようとしない。多忙に感じている心理的状態ではなく、実際の超過勤務の時間をゼロにするための施策こそが必要なのである。文科省は現実を見るべきだ。

 

『日本はなぜ敗れるのかー敗因21か条』を読んで その2

命令の中には無茶なものがたくさんある。できぬといえば精神が悪いと怒られるので服従するが、実際問題として命令は実行されていない。「不可能を可能とする処に勝利がある」と偉い人は常に言うが?『日本はなぜ敗れるのかー敗因21か条』山本七平

  これは日本の教育界そのままである。

 「これは日本の教育界そのままである。」と言うこと自体が、そもそも非難の対象となる。学校内部で「けしからん奴」扱いされ、生徒・保護者からも「けしからん教員」扱いされてしまう。

 日本の学校では、正直者は「けしからん奴」扱いされてしまうようである。しかし、真に「けしからん」のは誰であろうか。

 

けしからんの由来・語源

本来の形は「けしからず」で、形容詞「異(け)し」の未然形に打ち消しの助動詞「ず」がついた語。「ず」の連用形「ぬ」の終止法が広まるにつれて「けしからぬ」と変化し、さらに「けしからん」となった。
「異し」は、「普通と違い異常だ」という意味で、「けしからず」とはそれを否定したもので、つまり「もっと異常だ」ということであり、そこから「とんでもない、不届きだ」の意になった。
http://yain.jp/i/%E3%81%91%E3%81%97%E3%81%8B%E3%82%89%E3%82%93

 

 

 「 けしからん=異常」。その組織の常識と異なることを述べれば、異常になる。その組織が狂っていれば、正常が異常になる=「けしからん」になるのである。これを完全に客観的に見られるものはその場には存在すまい。ただ、後世の人々のみが判断を下せるのみ。

 文科省がいかに理想的で勇ましい施策を下に降ろそうとも、実際実行不可能なのである。数少ない「実行不可能である」と口に出した「けしからん教員」がどうなったかを、多くの教職員は見て何かを学習する。結果、誰も「実行不可能である」とは言わなくなる。実行不可能であるとは言わないが、実行されないのである。文科省の命令は末端に到達することには雲散霧消しているか、形骸化している。

 

 例えば部活動の「安全配慮義務」である。生徒は毎日部活動をする。しかし、教員は毎日課外をする。さて、教員は部活についていることができない。しかし、安全配慮義務を追う。ここに矛盾がある。実際、分身の術でも使えなければ、安全配慮義務を守ることはできないだろう。また、同時に、法的に教員には「時間外勤務を命じることができない」のである。しかし、これも無視されている。安全配慮義務も不可能。時間外勤務を命じないことも不可能。不可能を可能にしているのが学校という現場なのである。

 したがって、部活で事故が起こればそのまま処分されるか、平謝りするなり、事実を悪しからぬようにうまく言って処分を免れるかするなりするしか方法がない。いずれにせよ矛盾した命令や制度を改めることは不可能である。

 

以下の記述からもまた日本教員の現状が想起される。

 

 だが結局、敵の進撃の前に、せっかく植えた芋を捨てて、さらにジャングルの奥へと進み、そのようにして、一歩一歩と決定的な餓死への道を進んでいくのである。そしてその状態は、「精兵」どころか「兵」即ち戦闘集団の一因としての「資格」すら各人から奪っていく。すなわち全員が、着実に一歩一歩と完全な”員数”に化していったわけである。

 そしてその第一歩は何であったかのだろう。「ない」ものを「ない」と言わずに、「ない」ものを「ある」というかいわないかを、その人間の資格としたことであった。

 

 教員バージョンに書き換えてみよう。書き換えた部分は赤字で示してある。

 

…そのようにして、一歩一歩と決定的な過労死への道を進んでいくのである。そしてその状態は、「優秀教員」どころか「教員」即ち教育集団の一因としての「資格」すら各人から奪っていく。すなわち全員が、着実に一歩一歩と完全な”員数”に化していったわけである。

 そしてその第一歩は何であったかのだろう。「ない」ものを「ない」と言わずに、「ない」ものを「ある」というかいわないかを、その人間の資格としたことであった。

 

 僅かに書き換えただけで、日本教員の現状を表す文になるではないか。でき「ない」という事実をそのままでき「ない」ということができないその精神性が、教員の健康と命を奪い、学校を破滅に導いているように思われる。当然、生徒も損害を被る。

 

 事実を直視し、ないものはないと口に出すべきだろう。

『日本はなぜ敗れるのかー敗因21か条ー』と教育

『日本はなぜ敗れるのか ー敗因21か条ー』を読んで、日本の教育と似ている点を書いてみた。

 

以下、21か条についてコメントしていく。

 

日本の敗因1

精兵主義の軍隊に精兵がいなかったこと。然るに作戦その他で兵に要求される事は、全て精兵でなければできない仕事ばかりだった。武器も与えずに。米国は物量に物言わせ、未訓練兵でもできる作戦をやってきた

 精鋭主義の学校に精鋭教員がいなかったこと。然るに施策その他で教員に要求される事は、全て精鋭でなければできない仕事ばかりだった。教具も権限もシステムも時間も与えずに。米国は物量に物言わせ、未訓練教員でもできる施策をやってきた…とも言えるのではなかろうか。流石に「物量に物言わせ、未訓練教員でもできる施策をやってきた」は言いすぎであるにせよ、精鋭でなくとも可能なレベルに業務内容を抑えているようには見える。昔の日本の学校も精鋭でなくとも可能なレベルだったと思うのだが、最近は精鋭どころか、神レベルの架空の教員を想定して施策を考えているのではないかと思えるほど業務が難しくなっている。

 

参考:教員の労働環境が激しくブラックすぎる件


webshufu.com

 

日本の敗因2

物量、物資、資源総て米国に比べ問題にならなかった

 日本の国際競争力はこれから低下していくだろう。国家予算は福祉に消えていく。教育に予算を投入しないから、国力が上向く将来像を描くことができない。

 

参考:少子高齢化問題の原因と現状-影響を考慮した解決策 | 成果をあげる知恵と行動 


leader.jp-unite.com

 

日本の敗因3

日本の不合理制、米国の合理性

 全ての業務を教員が丸抱えで行う日本。職務を分ける米国。

 絆重視の学級制度の日本(日本の高校は単位の概念はあるが、学級制度が強固すぎるために単位制度は機能していない)。(比較的)合理的な単位制度の米国。

 

参考:どうして日本の先生はそんなに忙しいの?アメリカの教師は今... 


americanteacher.blog.fc2.com

 

日本の敗因4

将校の素質低下(精兵は満州支那事変と緒戦で大部分は死んでしまった)

 教員の素質低下。優秀な若者は教員になろうとしない。教員採用試験の倍率は低下する一方。精鋭教員は退職してしまう。否、現場教員は将校ではない…。上級将校たる文科省職員の素質低下と言うべきか。文科省は官庁の中では、不人気な省である。上級将校の素質が低下しているのは、今に限った話ではないのかもしれない。文科省天下り問題が取り沙汰されている昨今、文科省の不人気は加速しそうである。そして、教育行政官の素質の低下も加速するのではなかろうか。更に言うと、日本のそんな公教育業界事情に嫌気が差した若者は、教員にもなろうとしない。現場教員の常勤・非常勤講師率も増加している。コンプライアンスコンプライアンスとバカの一つ覚えのような締め付けも公教育業界に身を投じる若者の足を遠ざけさせる一因となる。教育業界全体の人的資源の質は今後低下する一方だろう。

 

参考:優秀な新任が集まらなくなる!  教員の質、低下のおそれ 

benesse.jp

 

日本の敗因5

精神的に弱かった(一枚看板の大和魂も戦い不利となるとさっぱり威力なし)

 一枚看板の「生徒のため」も、超過勤務100時間超、休日0日、給与削減、公務員バッシングにさらされるとさっぱり威力なし。精神疾患の増加。

 精神的に強くあろうと「生徒のため」主義が強くなりすぎても、生物学的限界により病気になったり、死んでしまったりする教員が増えるので、そう望ましいことでもなかろうが。生物学的限界には個体差がある。限界値が低いものから死んでいく。自らが強い者は、自らが強いからと言って同じ程度に他者が強いと思ってはいけない。

 

参考:精神疾患うつ病など休職教員5045人 続く高止まり - 毎日新聞 

mainichi.jp

 

日本の敗因6

日本の学問は実用化せず、米国の学問は実用化する

 ICTを導入した教育は学問上は有効とは言うものの、実用化には至らない。実用化しても欠陥が多く、途中で潰える。専門家がおらず、予算も足りない。ICTに造詣が深い教員も少ない。チョーク一本で授業をすることに意欲を燃やし、ICTに拒否反応を示す教員も多い。事務仕事でも同様である。心を込めて手書きすることを至上とし、要録のデータ化に難色を示す教育委員会もある。

 ちなみに、手書き要録や通知表の数字や◯は、判子よりも手書きのほうが早いと思う。

参考:asahi.com朝日新聞社):通知表 手書き?パソコン? 「聞いて聞かせて」に反響 - 教育 

www.asahi.com

 

 

日本の敗因7

基礎科学の研究をしなかったこと

 教育の基礎科学、即ち、生理学的観点から見た「学習」の研究が未発展であるよう思われる。文科省はやっているようであるが、現場教員・教育委員会にこれの専門家がいるだろうか。

 

参考:「脳科学と教育」研究に関する検討(中間取りまとめ):文部科学省 http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/gijyutu/003/toushin/020802.htm

 

日本の敗因8

電波兵器の劣等(物理学的貧弱)

 「授業中にスマホなどもってのほかである」と教育の電波兵器たるスマホタブレットを禁忌扱いする教員は多い。予算を投じ研究を深め、専門家を育成し学校に配置し、授業でも宿題でも大いに活用すべきであろう。

 

参考:授業中のスマホの使用は禁止しないほうが効果的 - ミルキヅクのブログ 

mirukizuku.hatenablog.jp

 

日本の敗因9

克己心の欠如

 己と向き合うことをしない。組織の欠点と向き合おうとしない。組織の欠点を直すどころか、欠点を見ようともしない。お茶を濁して、なあなあですまそうとする。文科省からのあり得ない指示には反発するのではなく、やったことにして済ます。骨抜きにして済ます。人間関係至上主義。進歩はない。

 文科省の指示に従うと業務が破綻してしまうから仕方がないが、反発すると校長や教育委員会に迷惑がかかるからと、従ったふりをして、一応やるのである。ただし、一応。やらないこともままあって、それが新聞に載る。でも、100%の実行は実際に不可能なのだ。無理なことに対して無理を言わない。組織的克己心の欠如。システムを改めるという克己心が欠如している。システムを改めようという克己心を見せるとこてんぱんに叩かれ、無視され、非国民よろしく非教員扱い・狂人扱いされるのである。これは学校という職場には、教員という一つの職しか存在しないことに起因しているようにも思われるのだが…。

 

参考:いつかアナタも「非国民」… - みんなどこか変わってるから大丈夫 

d.hatena.ne.jp

 

 

日本の敗因10

反省力なきこと

  日本の敗因9に同じ。

 

日本の敗因11

個人としての修養をしていないこと

 業務多忙につき個人としての修養が不可能な教育現場。TOEIC730点に達しない京都府の中学校英語教員。読書する暇がない社会科教員・国語科教員。最終的には読書する意欲も習慣もなくす。

 

参考:京都府:中学英語教員、TOEIC「合格」わずか 疑問も - 毎日新聞 

mainichi.jp

 

日本の敗因12

陸海軍の不協和

 受験派と部活派の不協和。センター試験を頂点とする受験。部活の全国大会を頂点とする部活。これを同時に統御する機構の不在。教員は同時に二つの組織に所属している。労働量を監視・管理する機構がない。ただし、受験派と部活派が単純に協和しては文武両道の過熱狂騒が起こるだけである。協和した上で、これを統括管理する機構の存在が不可欠であろう。

 

参考:部活問題 対策プロジェクト

http://www.geocities.jp/bukatumondai/

 

日本の敗因13

一人よがりで同情心がないこと

 「生徒のため」という教員の一人よがり。同情心があるようで、ない。

 

日本の敗因14

兵器の劣悪を自覚し、負け癖がついたこと

 教材・教具は予算がないので自明。自覚は当然である。「教育再生」などと政治から冷水を浴びせられても、何も感じないほどに負け癖がついている教員もいるだろう。見方によっては、教育再生実行会議が現場の業務をビルドしまくって、教育者を破壊し、結果的に、教育を破壊しているようにも思われる。

 

参考:人づくりは、国づくり。教育再生への取組み始まる~教育再生実行会議 | 首相官邸ホームページ 

www.kantei.go.jp

 

日本の敗因15

バアーシー海峡の損害と、戦意喪失

 給特法の成立と、労働運動の戦意喪失。バシー海峡では米軍の潜水艦により輸送船が多数沈められ、兵站維持が困難になった。教員の労働運動は教育の兵站を強化する役割も果たしてきたが、給特法の成立により残業代が4%に固定され、人員強化がなされにくくなった。優秀な人材は残業代4%で集まってくるとは到底思えない。冷静に損得の計算もできない者や、情報収集能力に難を抱える者が集まってくるだろう。

  ここでは給特法の成立をバシー海峡の損害に例えたが、教育のバシー海峡の損害に当たるものは他にもありそうだ。

 

参考:教師を過労死に誘う「給特法」 柿沼昌芳|学校の常識.非常識 

ameblo.jp

 

日本の敗因16

思想的に徹底したものがなかった事

 詰め込み教育ゆとり教育→アクティブ・ラーニング。思想が定期的に揺らぐ。記憶喪失の人間の行いのようだ。そんな施策を見て、年齢のいった現場教員は「ああ、またか」とやり過ごす。数字上、いくらかの変化は見られるが、内実はそう大きく変わらない。

 

参考:【アクティブラーニング】で脱ゆとり?失敗例も研究済み?やる気がなければ一緒と批判殺到! | spinout 

spinout-kj.com

 

日本の敗因17

国民が戦いに厭いていた

 教育に厭いた国民も増えてきたかもしれない。

 

参考:義務教育で無駄な勉強をさせる理由と学歴社会に隠された意図|東大生『がうう』の社会で生き抜くための術 

ameblo.jp

 

日本の敗因18

日本文化の確立なき為

 これはちょっとわからない。

 

日本の敗因19

日本は人命を粗末にし、米国は大切にした

 日本は人命を粗末にしている。過労死が引き起こされる環境を放置している。文部科学省は過労死が引き起こされる環境を放置している。いや、過労死が引き起こされる環境を構築し続けている。文科省は、学校業務のビルド&ビルドを即刻止めるべきであろう。

 

参考:長時間労働地獄ー“ブラック学校”を止めるのは誰?(河合薫) - Y!ニュース 

bylines.news.yahoo.co.jp

 

日本の敗因20

日本文化に普遍性なき為

 日本の教員は自分のことをよく知らない。他者のこともよく知らない。ありのままの他者を知ろうとしない。ありのままの自己を知ろうとしない。日本の敗因13にも通ずる。

 

日本の敗因21

指導者に生物学的常識がなかった事

 どれだけやれば、人が過労死するか、精神疾患を発症するか、その生物学的常識が文部科学省にない。或いは、あったとしても、生物学的常識を具現化し、施策決定する組織的能力がない。文科省職員というよりは、文科省という組織が欠陥を持っていると思われる。文部科学省には日本の教育行政を治める力も文化もない。ただ、これは文部科学省の問題ではなく、日本全体の問題であろうと思われる。殊更に文科省だけを責めることはできまい。自分を含めた日本全体を責めるべきであろう。あの有名な「日本死ね」も自己を含めた日本死ねなのではなかろうか。 

 

参考:「エッ!!アリが過労死?」―生産性向上が組織を滅ぼす!? 

business.nikkeibp.co.jp

 

 文科省への呪詛を色々吐いてきたが、問題は文科省ではなく政治だろう。教育再生実行会議が業務をエイリアンマザーのように次々と産んだのも問題なのではなかろうか。教員はフェイスハガーに首を絞められて、息も絶え絶えである。

 

参考:教育再生実行会議 第38回議事録 平成28年10月28日(金)

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kyouikusaisei/dai38/gijiroku.pdf

 

参考:フェイスハガー とは【ピクシブ百科事典】 #pixpedia #pixiv 

 

 今後は、人命を大切にし、今の自分も未来の国民も両方とも大切にできる政治家を育てる教育をしていかなければなるまい。同時に、教員自身が、将来の国民たる子供達だけではなく、自分をも大切にして業務を行う必要性があるだろう。今、自分がいる場所には、将来、子どもたちが収まるのであるから、子どもたちのために今自分がいる場所を快適にしておいてあげる必要があるだろう。ただし、他者を傷つけずに。

 「子どもたちのために」と思いっきり教職をブラック労働化させれば、将来子どもたちは、そのブラック化した職業につくのである。それは、教職の自殺ではなかろうか。

 今必要なのは「子どものために」と教職をブラック化させていく、旧日本軍のような死の行軍(デスマーチ)ではなく、命を落とすのを防ぐために大きな獲物をあえて狙わないイヌイットのような知恵だろう。